drone Tello edu
Mac ドローン 教育

教育用ドローン Tello EDU |Macで操作してドローンを飛ばす

ドローンをパソコンから操作して飛ばす

iPad や iPhone などスマフォ・タブレット端末で、操作可能なドローンRyze Tech社Tello EDU。
操作のためのスマフォアプリが提供されているので、ほぼ難しい設定もなく、スマフォやタブレットをこんとろーらーにしてドローンを飛ばすことができる。

TELLO
写真/ビデオ無料iOSユニバーサル
Screenshots

 

ラジコンのプロポのように上昇・下降・上下・左右といった一連の操作をやってみると、自作プログラミングで操作することへの興味も…。
ということで、TelloとMacを使ったプログラム学習スタート。

 

 

プログラミング教育用ドローン Ryze社 Tello EDU

DJI社が販売している Ryze社Telloのプログラミング教育用 Tello EDU。
2018年12月の時点では通常版のTELLOと販路が少々異なり、家電量販店での取り扱いはされておらず、
Apple StoreもしくはDJIストアでの限定販売。

ここからは、Macを使ったプログラミング学習環境構築手順。
セットアップの煩雑さを軽減するため、極力クリックorダブルクリックで進めます。

準備するもの

・Tello EDU  : ドローン本体
・Mac 本体
・ターミナル.app  :  アプリケーション/ユーティリティ フォルダにあるターミナル.app。
ドローンへ命令を送る(受ける)ために使用。
・Python3 :プログラミング言語

 

手順

Python3(パイソン3)をインストール

プログラミング言語のPython3をインストール。
Macの場合、標準でPythonはインストールされている。ただし、バージョンが2.7などの2.x系。
一方で、今回必要とされるpythonは、3.x系。
ネットの情報ではMacで2.x系を消すのは得策ではない模様。それを踏まえた上で、とりあえず進める。

1. pythonのウェブサイト から3.x系のpkgファイルをダウンロード。


2.  入手したインストーラpkgファイルをダブルクリック。(通常は、ダウンロードフォルダ内)

3.規約等を確認しつつインストールを進める。

4. インストール完了後、ターミナル.app でpython 3.x がインストールされたかを確認。
ターミナル上で、python3 –version と入力。
インストールされているPythonのバージョンが返される。
 python3 3.7.1 がインストールされている状態。

 

 

 

Tello3.pyの入手

Telloを Python3 でコントロールする際のデモプログラム、Tello3.py を入手。
ここをクリック 。

https://dl-cdn.ryzerobotics.com/downloads/tello/20180222/Tello3.py

入手したTello3.py(通常、ダウンロードフォルダにダウンロードされる。)を、
ホームの書類フォルダなどに保存。
(本例では、ホーム/書類/drone-an/Tello3.py に保存。
/Users/{“自分のホームディレクトリ”}/Documents/drone-an/Tello3.py に保存。)

 

 

Telloに電源投入

Tello EDU本体脇の電源ボタンを押すと、起動。

 

 

WiFi ネットワークを設定

MacとTello Eduとをネットワークで接続するため、ネットワーク設定を変更。

 

 Mac画面右上のアイコンをクリック。


当該機のネットワークと接続。
接頭語的にTELLO-XXXXX とTelloの文字が入っているので、それを選択する。

 

 

Telloをターミナルから操作する

1. Mac のファインダ.app : アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル.appを起動

2. ターミナル.app上で、Tello3.pyを保存したフォルダに移動し、下記コマンドを入力
[crayon-5dce21c529ca3067322150/]
[crayon-5dce21c529cac489640856/]

次のような表示に。

python3 terminal tello3

ターミナル.app上で、commandとタイプ。
Tello本体と通信が確立していれば、okが返される。

tello3 terminal command ok

takeoffコマンドを、タイプ入力する。Tello EDU本体が離陸する。

Tello takeoff

 

takeoffなどのコマンド類は、Tello SDK 2.0として提供されている。
ユーザーズガイドを非公式にざっくりと翻訳したのがこちら。

04 Tello Commands | Telloのコマンド一覧

03 Tello Command Types and Results | Telloのコマンドの体系

02 Architecture | アーキテクチャ

01 Tello SDK Introduction | 序章 Tello SDKについて

トップに戻る